ダイエット

ダイエットの理解を深める

2021年2月7日

https://pclab-compass.com

一時期に比べると落ち着いたとはいえ、まだまだ世間ではダイエットの需要があるように感じます。

常により良いダイエット方法を探し続けているのも、ダイエットのことをよく理解していないからかもしれません。

このコラムをご覧になっているということは、何かしらダイエットへの関心や興味があるということだと思いますので、このコラムをご覧になりダイエットについての理解を深め、ダイエットとは何かを知ることで、あなたの悩みは解消されることでしょう。

ダイエットとは何か

ダイエットをしているが、今のまま続けていて良いのか不安である・効果をあまり感じられていないといった方は、まずダイエットについて知ることからはじめていきましょう。

ダイエットの意味

根本的な内容になりますが、ダイエットの意味はご存知でしょうか。

というのも、ダイエットの意味を知らないがために無茶苦茶なことをしているケースも多くあるからです。

ちなみに辞書でダイエットと引くと、以下のような言葉が出てきます。

ダイエット [diet]
  • 日常の食事
  • 食事療法
  • 節食する

ダイエットとは食事を指す

上記でお伝えした内容からダイエットとは食事を指していることから、ダイエットは食事や食生活との関係が大きいと言えます。

しかし、実際のところはダイエットのために必死に運動をしているケースを多く目にします。

それはネットやSNSで見かける情報の中に運動を勧めるものが多く存在していることが理由かもしれませんが、ダイエットは食生活との関係が大きいことから運動による効果はあまり期待できません。

ダイエット≠減量

そしてもう一つ重要なことが、ダイエットと減量は異なるということです。

減量とは文字通り体重や体脂肪の数値を減らすということですが、ダイエットは必ずしもそうであるとはありません。

ダイエットと聞くと減量と同じく体重や体脂肪を減らすといったイメージが世間では根付いているようですが、ダイエットとは普段の食事・食事療法という意味を持っていますので、簡潔にお伝えすると「健康のための食生活」と言え、決して減量のための手段ではないということがわかります。

今の生活を見直す

ダイエットについて書き進めていますが、ここまでご覧になられているということは現在の身体に何かしら不満があるのではないでしょうか。

それを改善するためにダイエットに取り組もうというのも大事ですが、その前にその身体はこれまでに積み重ねてきた生活に原因があるということを頭に入れておきましょう。

つまり、これから身体を変えたいと思っているのであれば、今の生活を見直し修正することが重要になります。

食べることに意識を向ける

食べるものや食べるタイミングなどに目が行きがちですが、まずは食べることそのものに意識を向けてみましょう。

今何を食べているのか、今日の昼ごはんは何を食べたかなど普段の食事は意外と無意識になりやすいものです。

特に近頃はテレビやスマホなどを見ながら食事を摂る方も多くおられますが、そういった食べることへの関心の低下が食生活また身体に悪影響を与えています。

毎回の献立に意識を向けることで、食べることへの意識が高まり口にしたものが頭の中に残りやすくなります。

そうすることで、ご自身の食生活が把握できるようになり、無意識に口にしているものなど食生活の問題点が見えてきます。

それらを改善していくことで食生活は整い、身体にもいい変化が現れてきます。

ダイエットの必要性

そもそものお話になりますが、今のあなたにダイエットは必要ですか。

今よりも綺麗になりたいと思う気持ちはとても良いことですが、そのためにダイエットや減量は必要ですか。

世間では体重・体脂肪が落ちれば綺麗になるとの印象が強いようですが、果たしてそれは正解でしょうか。

結論を申しますと、その答えは「いいえ」です。

体重・体脂肪が落ちればもちろん身体は細くなっていきますが、それは痩せ細った身体であり綺麗な身体とは言い難いものです。

つまり、体重や体脂肪などの数値はあくまでも目安であり、身体の綺麗さや美しさにはあまり関係がありません。

それを踏まえた上で、今の自分にダイエットが必要かどうかを今一度考えてみてください。

まとめ

今回はダイエットの理解を深めることをテーマに書き進めてきました。

ダイエットという言葉は普段から見聞きしていますが、その意味を捉え違えている方は多くおられます。

ですので、まずはダイエットとはどういったものであるかをきちんと押さえ、そして今の自分にダイエットが必要なのかを再確認することをお勧めします。

-ダイエット
-,

© 2021 Compass