意識性の原則|トレーニングの原理・原則

目次

意識性の原則とは

意識性の原則とは、トレーニングの目的や内容を理解してトレーニングに取り組むというものです。

内容

トレーニングを取り組むにあたり、トレーニングを実施する目的は何か、どのようなトレーニング内容にするか、選択したトレーニングにおける注意点は何か、といったようにトレーニングに取り組むどの段階においても、何を意識して取り組むかは非常に大切です。

この目的や内容、注意点といったトレーニングを実施する上でのポイントに対して意識を向けているか向けていないかで、トレーニングの効果や身体の変化などの感じ方が変わるだけでなく、トレーニングを継続できるかにも左右すると考えています。

意識の持ち方でトレーニングへの取り組みが変わる

意識の持ち方ひとつでトレーニングへの取り組み方が変わります。

とりあえず何となくで、見よう見まねでといったトレーニングが全く効果が無いわけではないですが、それではトレーニングの効果もイマイチでしょうし、自分の理想とする身体に近づくことは難しいでしょう。

トレーニングにはそれぞれに特徴があり、それをトレーニングの特異性と言います。

その特異性を意識するだけでも、自分の身体に必要な内容や注意点を押さえたトレーニングを実施することができます。

そのように、それぞれのトレーニングに意識を向けて取り組むことで、一回一回のトレーニングの質が高くなり、その効果もより感じられることとなります。

意識した通りのトレーニングが実施でき効果を実感することができれば、トレーニングが及ぼす身体への変化やトレーニングを実施する意味を見出すことができ、それが習慣化へと繋がっていきます。

積極的にトレーニングに取り組める理由

積極的にトレーニングに取り組める。

これは、トレーニングが自分自身に対して何かしらのメリットを与えてくれるものであると理解しているから起こる行動ではないかと考えます。

世間では大きく分けて、積極的にトレーニングに取り組む層とトレーニングに対して消極的である層に別れます。

この2つの層に別れる理由として、シンプルにトレーニングが好きか嫌いかというのもあると思いますが、それ以上にトレーニングによる効果や変化を経験したことがあるかどうかという基準が大きく関わるのではないでしょうか。

例えば、

・トレーニングをすることで身体つきが変わり、まわりからの見られ方が変わった。
・長年悩んでいた腰痛がトレーニングによって改善した。

このような経験をトレーニングから得た方は、トレーニングの重要性に気づいていることに加えて、トレーニングの中で意識することが明確であると言えます。

そして、自身の調子を維持するため、目的・手段・注意点など一つひとつに意識を向けていることが、それぞれのトレーニングの効果や身体の反応を感じることに繋がり、トレーニングに対して積極的に取り組める要因となると考えます。

まとめ

何かに意識を持って取り組むことはトレーニングに限らず大切なことであるため、トレーニングを通じて意識を持つ習慣をつけることはライフスタイルにも良い影響を与えることでしょう。

トレーニングに中々取り組めない・継続できない・習慣化できない。

これらに悩んでいる方は、トレーニングに対してなんとなく・とりあえずといった気持ちで臨んでいませんか。

もし当てはまるようであれば、まずは選択したトレーニングメニューがどこを鍛えるものであるかを意識して取り組むことからはじめてみましょう。

トレーニングで意識したものが効果として反応として身体に現れると、きっとトレーニングに対して少しずつ前向きに積極的に取り組むことができるはずです。

目次
閉じる